複雑な紙加工、製本も小林断截なら思いのまま!お客様のアイディアもできる限り忠実に再現いたします!

株式会社 小林断截

トップページに戻る

制作会社様へご提案

せっかくのデザインを印刷会社に頼んだら複雑だと断られた・・・。小林断截ならお客様のこだわりのデザインもできる限りカタチにします。

HOME > 制作会社様へのご提案

穴あけ+中綴じ

 「こんなイメージの本を作りたいんだけど、、、」と、印刷会社に複雑な紙加工を頼んだら断られた。デザインしてみたら「紙加工的に不可能な仕様だ」と言われた。といったご経験はありませんか?
弊社では複雑な紙加工も極力お客様のご要望に応じることが出来るように努力しております。まずは、ご相談下さい。

コバダンの穴あけ

穴あけ機

 弊社の特殊技術の中で自信を持ってお勧めできるもののひとつに穴あけ技術があります。
 製本用の穿孔機が4台ありますので大ロットにも対応できますし、パンチ穴やドンコ穴だけでなく、多種多様な穴あけに対応できます。
 単純にタテ、ヨコ規則的にあけるだけでなく、途中でピッチを変えたり、1列ごとに横にずらしたりといった設定も、1/100ミリ単位でセットすることができます。下に挙げたのがその一例です。

パンチ格子穴 パンチ格子穴加工 1 パンチ千鳥穴加工 1 ドリルの刃

コバダンのペラ帳合(丁合)

フィルムペラ帳合 見本

 コバダンのペラ帳合はいろんなことにチャレンジします。
卓上カレンダーなどで紙が厚すぎて折り丁で組めない場合や極小サイズや仕上がりサイズがバラバラな帳合。
トレペ、濃色印刷ベタ、両面PPといった通常不可能とされている帳合。
見本帳のような複雑な帳合も、小ロットから対応いたします。


コバダンの無線綴

 コバダンの無線綴は小回りが利きます。下記のようなお悩みがあれば是非ご相談ください。

  • 袋とじ、本文片観音、表紙片観音、フランス表紙など、一味違った無線綴が作りたい。
  • また、用紙や表面加工、窓ヌキなど、仕様を凝らしたいのに印刷業者に断られた。
  • 変形寸法や小ロットだと既存の印刷業者では高くつく。
  • 極端な小部数や箔押しなど高価な表面加工で充分な加工予備枚数が確保できない場合。

上記の合わせ技でこんなものもできます。
制作の打合せ段階でも仕上がりサンプルを作成できますので、ご相談ください。


片面観音開き+無線綴 横本 厚もの無線綴 無線綴+ミシン加工 極薄 無線綴

その他、デザイナーさまのご要望に対応するだけでなく、これまでにない製本のご提案を目指して技術にこだわっていきたいと思います。

東京都製本工業組合

製本産業個人情報保護体制
(SAPPS)の認定会社です。

グリーンプリンティング認定制度

グリーンプリンティング認定工場です。



小林断裁トップページへ